当会は静岡県御殿場市にて、発達に凸凹のある子や、気になる子、手のかかる子の育児をしている親御さんに向けて、情報交換や息抜き、相談や共感をし合える場所を提供したくて発足した団体です。
イベントの告知や参考になる本の紹介などをブログにあげていきますので、是非ご覧くださいね。
◆お問い合わせはコチラまで→mitisirubenokai@gmail.com

カテゴリ:
第1回目の日程が決まりました~!皆さんの参加をお待ちしておりますm(_ _)m

「第1回 道しるべの会~気になる子・個性的な子の育児を話す~」
  ○日時:6月29日(月) 9:30~11:30
  ○場所:御殿場市 市民交流センター「ふじざくら」
       第2会議室(1階の奥です)
  ○参加費:200円(お茶代含む)

  [タイムテーブル]
       9:30~ グループトーク(年齢の近い少人数に分かれます)
     10:30~ 全員でトーク
     11:30  終了

トークタイムは1時間ずつですので、短時間で凝縮した話ができればうれしいです♪
困りごとを話して共有したり、情報交換してみたり。
話して前向きになっていただけたら嬉しいです☆
診断のあるお子さんをおもちの方はもちろん、診断はついていないけど手がかかる、違和感がある、気になる、なんて方も大歓迎です!

より長く充実した活動を続けていけるように、今回から参加費をいただくことになりました。
会としてより一層、皆さんのお役にたてるよう精一杯活動していくつもりでおります。
ご理解とご協力をお願い致します。

カテゴリ:
今年度は新たな試みにチャレンジしてみようと思い、全4回で連続性のある内容を予定しております。

○第1回:「親の会(お茶会)」6月29日
 育てにくさ、違和感を感じながら育児をしている親同士で、ざっくばらんに日々の困りごとなど話しましょう!親同士の横のつながりを作ることで情報交換ができたり、共感してもらえることで気持ちも晴れるかも♪
診断はあってもなくても大丈夫。気軽に来てみてくださいね。

○第2回:「行政から受けられる支援を知る&親の会(お茶会)」9月下旬予定
 子どものことで育てにくさを感じていても、「どこに相談すればいいのか?」「どんな支援が受けられるのか?」わからないことばかりではありませんか?「手帳」ってどんな子がもらえるのか、「放課後等児童デイサービス」はどうすれば利用できるのか?などなど…。この際、行政の担当の方に来てもらいしっかり応えてもらいましょう!

○第3回:「日常につかえる支援方法を知る」11月下旬予定
 「何をするにも時間がかかる」「ついイラッとして感情的になってしまう」ってことありませんか?(私はあります~(>_<))
 そんな時にどうしたら子どもと上手く接していけるのか?上手な方法を臨床心理士にまとめて教えてもらっちゃおう!という回です。日々ため込んでいる困りごとを解決しましょう。

○第4回:「親の会(お茶会)」1月下旬予定
 これまでの回を振り返りながら、もっとこういう情報がほしかった、なんて話してみたり、次年度にくる進級に向けての心構えを先輩ママに聞いてみたり。もちろん、気軽にしゃべって息抜きだって大切です!お茶会で元気になりましょう♪

この全4回で今年度「道しるべの会」をお送りします。
途中の回だけの参加もOKですので、是非、お気軽にご参加下さいね。

カテゴリ:
 はじめまして。「道しるべの会」です。

 当会は静岡県御殿場市にて、発達に凹凸のある子や、気になる子、手のかかる子の育児をしている親御さんに向けて、情報交換や息抜き、相談や共感をし合える場所を提供したくて昨年の平成26年に発足した団体です。
 発達に凹凸のあるお子さんを育てている親御さんは負担も多く、なかなか本音で話せる場所がもてない方もいらっしゃるのではないかと思います。(私の経験談、ですがww)
 最近では放課後等児童デイサービスなどもでき、子どもへの支援はやっと増えてきたかと思いますが、私はまずお母さんを支えることが子どもさんの笑顔に通じると思っております。本音で話して少しでも重荷を下ろしてもらえたら…。そのために何が必要なのか試行錯誤しながら活動しております。

 26年度の活動としては10月と1月にお茶会を開き、どちらにも10人弱の参加者を募ることができました。
 お話の内容としては「学校との連携の難しさ」「どういう支援を受けられるのかがわからない」「ご家族の協力」などなど。濃く熱く話に華が咲きました。
 会からの提案としては「学校との連携」には「面談の際に市の臨床心理士を同席してもらうことにより、まず学校と敵対関係になることを防ぎつつ、より専門性の高い支援策を学校に提案できること」などを経験からさせていただきました。
 「受けられる支援」につきましては、まず市の臨床心理士へ相談できることが周知されていなかったため、その利用をおすすめし、更に「放課後等児童デイサービス」が春から御殿場にもできましたのでそちらについてもお話いたしました。
 「ご家族の協力」については、私がFacebookにて運営しているグループ「発達障害の子をもつ親の会~話してみませんか?~」でも全国的に協力を得られていない方が多く、根深い問題となっております。お子さんを育てるだけでも努力を重ねているお母さんが多い中、せめてご家族の理解を少しでも増やしていく方法はないものか…?会としてできることはないだろうか…?考えて行かなくてはならない大切なことの一つと思っております。

 挨拶が長くなってしまいました。
 遅ればせながら今年度もそろそろ始動しようと準備を始めました。こちらのブログでの活動も同時に行いながら、より良い会に、より良い環境にしていきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

運営スタッフ プロフィール紹介

カテゴリ:

にゃんた

【にゃんた】

「道しるべの会」代表
おいしい物が好き。珈琲ブレイクが必須。雑貨は心の癒し。
何かに取り組んで達成感を得ることが大好きで、家庭をかえりみず突き進んでいることに最近気がついて、やっと家族へ感謝し始めた40代間近の主婦です。
家族:夫(ADHD??)、息子(ADHD、アスペ)、娘(マイペース)

くろまめ

【くろまめ】

猫へ、の変態的な愛を秘めた、70年代生まれのおばさんです。
夫と2人の子供、3匹の猫、義両親と暮らしています。
息子が5歳の時に、広汎性発達障害の診断を受けています。
アーヤ

【アーヤ】

御殿場へ来て丸7年 多趣味すぎてあきれられてるけど 全く気にしていないアーヤです♬
5歳で自閉症スペクトラムと診断された"ゲーマー"とそんな兄が大好きで 戦隊ものにハマっている ちびっこ"ヒーロー" そんなmen'sの子育て奮闘中‼︎
笑い声の絶えない毎日を過ごす事を 心がけ格闘技な日々を送っています…φ(・ω・*)☆・゚:
わんたん

【わんたん】

妻の切迫流産や鬱病をきっかけに、ようやく子どもと向き合う事を始めた「ダメ父」代表。
自宅で仕事をしつつ家事、育児に奮闘しているうちに感覚まで主婦化。世の中のお父さんの総主婦化をもくろむ。
お母さん達としか話が合わない40代、2児の父。
中1の息子(アスペ、ADHD)と小2の娘(ADHD?)の子育て中。

Copyright© 凸凹のある子を育てる 道しるべの会 , All Rights Reserved.

このページのトップヘ

見出し画像
×